店舗デザインで叶えられること


自分のお店を持っているオーナーさん、もうすでにオープンしているけれど、集客が芳しくないと悩んでいるオーナーさん。

そんなオーナーさんたちに、ぜひ知っていただきたいのが、店舗デザインの必要性です!

こだわりの店舗デザインで、お店を作り上げた方。

そのデザインで本当に大丈夫ですか?間違ってはいませんか?

人を引き寄せるデザイン、街中で立ち止まってもらうデザインというものがあるのです。

それは、単なるデザイン性の問題だけではありません。

●どんなお店に人が入るのか考える
お店というものを考えるとき、ほとんどの人が消費者の立場として考えると思います。

その思考が、お店作りにおいては大事なものとなります。

オーナーさんやスタッフの立場から考えてしまうと、客観視できない人もいて、お客さん視点で考えられないこともあるのです。

しかし、そのお店の中で、何かモノを買ったりサービスを受けてお金を使うのはお客さんですから、その人たちの立場に立って考えるのが自然です。

店内の動線は、お客さんが動きやすいようになっているのか、壁や床の色彩は、お店のコンセプトと合っているか、内装は、雰囲気に合っているか、外観は、受け入れやすいか、エントランスは入りにくくないかなどを考えてみましょう。

少し気にするだけで、気になる点がたくさん見えてくるはずです。

●誰かにとっての特別なお店にする
心理学や、集客に関するマーケティングによって、ある程度までは店舗デザインは進みます。

しかし、その後、お客さんが常連として定着してくれるかどうかは、また別の話になります。

調査や分析では、人の動きを完璧に想像するのには限りがあります。

繁盛店作りのノウハウというのは、デザイン会社は持っているものですが、その先の付加価値を付けてくれるかどうかが大事です。

自分のお店にしかない何か。それが大事です。

●何よりも大事なコンセプトメイキング
お店作りにおいて、どんなことよりも大事なのが、コンセプトメイキングです。

どんなお客さんがユーザー層なのか、どんなサービスを提供するのか、将来、どんなお店にしていきたいのかを想像して、コンセプトを決めるのです。

どんな店舗デザインを決める際も、コンセプトを、何よりも初めに決めます。

それに沿って外観を決め、内装を決めていくのです。

自分のお店のことですから、将来のことまできっちりと考えて決めていきましょう。

色々なお客さんを呼び込んで、繁盛店にするまでには、長い道のりがかかります。

お客さんが続々来店するお店を作れます!